プロフィール -PROFILE-

【磯貝 萌子 Moeko Isogai】

4歳よりピアノを始める。東邦音楽大学附属東邦中学校、東京音楽大学付属高等学校ピアノ演奏家コースを経て、

東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、東京音楽大学大学院修士課程鍵盤楽器研究領域(ピアノ)修了。

大学卒業時に学内卒業演奏会出演。修士論文『モーリス・ラヴェル:≪クープランの墓≫にみる古典的要素と革新性』。

―主な受賞歴ー

第5回草加市演奏家協会クラシック音楽ジュニアコンクールD部門(中学生の部)第1位、及び全部門総合優勝のグランプリ(草加市長賞)

第6回横浜国際音楽コンクールピアノ部門大学の部審査員特別賞

第8回北本ピアノコンクールF部門(高校生の部)第2位

第25回彩の国・埼玉ピアノコンクールF部門(大学・大学院生及びプロ等の部門)銅賞・イオンリテール賞

第19回PIARAピアノコンクール(国際大会)シニアC部門(年齢制限なし 事実上コンクール最高峰の部門)第1位・浜松市長賞

他、優勝・上位入賞多数。なお、高校~大学在学中にヤマハの指導者用グレードも取得。

ー音楽活動ー

大学院入学後より演奏活動を開始し、現在の活動は下記の通り。

ピアノソロ→ コンサート活動、セレモニー演奏、その他イベント演奏など、年間200件以上の活動を行っている。

アンサンブル→ コンサート、コンクールや国内外の音楽大学入学試験の伴奏、イベント演奏を行う。

コンクールや入試伴奏では、2021年に東京音楽大学声楽専攻へ1名合格、2022年に日本演奏家コンクール木管楽器部門一般Aの部第3位ならびに千葉県教育委員会教育長賞1名、小澤征爾音楽塾オーケストラオーディション1名合格など、多くの好成績に貢献している。

後進の育成→ 2018年4月から2019年4月までヤマハ特約楽器店ピアノ科講師を務めた後、東京都葛飾区に教室を開業。現在、対面・オンライン双方対応で、ピアノ・音楽理論・ソルフェージュのレッスンを展開中。

ー師事歴ー

ピアノソロを倉沢仁子、伊賀あゆみの各氏に、作曲を土屋雄氏に、室内楽を山洞智氏に、声楽伴奏を野宮淳子氏に師事。

Ronan O’Hora、小川典子、Guigla Katsarava、河村尚子、末永匡、Honoré Béjin各氏といった国内外の多くのピアニストから指導を受ける。

メディア実績

2008年 『東武よみうり新聞』 第5回草加市演奏家協会クラシック音楽ジュニアコンクール全部門総合優勝のグランプリ受賞者としてインタビューを受け、紹介される。

2014年 『埼玉新聞』第25回彩の国・埼玉ピアノコンクール入賞者として紹介される。(大学・大学院生・プロ等の部門で銅賞受賞)

2015年 『月刊ショパン10月号』第19回PIARAピアノコンクール優勝者としてインタビューを受け、紹介される。

2019年 『月刊ショパン12月号』にて、ピアノ演奏の仕事を紹介する企画に登場し、セレモニー演奏(お通夜・ご葬儀での演奏)の活動が紹介される。

2020年~ 17LIVE公式認証ライバーとして演奏配信を行っている。演奏会用ドレスを着用し、オールソロでのオンラインリサイタルやBGM配信を行い、好評を博している。(2022年現在、月に一度程度の不定期配信)

2020年 国内最大手ライブ配信解説サイト『ライブ配信ナビ』にインタビュー記事掲載。https://17liver.net/isogaimoeko

2022年~ 運営中のYouTubeチャンネルが、ピティナ準提携チャンネルに採用。

↓こちらは、これまで入賞したコンクールの賞状・メダル・トロフィーです。

☆以下、伴奏者として登録されているサイトです。伴奏のご依頼は下記サイトもスムーズです。「ピアノ伴奏者募集広場」では、ソロ、伴奏の全てのレパートリーを公開しております。☆

ピアノ伴奏者募集広場

PTNA伴奏ピアニスト紹介ページ

2022年12月、大塚GRECOでソロと連弾によるコンサート!

 

2022年11月、オールラヴェルプログラムによるソロリサイタル。

 

鎌倉芸術館にてコンクールの伴奏。伴奏した方は第3位入賞!

 

2022年9月、豊洲シビックセンターでコンサート。

 

2022年7月19日磯貝萌子トーク&ライブ!

 

2022年7月16日はトッパンホールで演奏!

 

2021年11月ソロコンサート終演後。

2020年2月のリサイタル終演後。
スタインウェイのフルコンサートピアノでスクリャービンのピアノ・ソナタ7第10番を演奏中。