プロフィール -PROFILE-

【磯貝 萌子 Moeko Isogai】

4歳よりヤマハ音楽教室に通い、東邦音楽大学附属東邦中学校ピアノ専攻、東京音楽大学付属高等学校ピアノ演奏家コースを経て、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、東京音楽大学大学院修士課程鍵盤楽器研究領域(ピアノ)修了。

大学卒業時にピアノ卒業演奏会へ、ピアノ演奏家コース在籍生より選抜され出演。修士論文の題目は『モーリス・ラヴェル:≪クープランの墓≫にみる古典的要素と革新性』。

ー主な受賞歴ー

第5回草加市演奏家協会クラシック音楽ジュニアコンクールD部門(中学生)第1位、及び全部門総合優勝のグランプリ(草加市長賞)

第8回北本ピアノコンクールF部門(高校生)第2位

第6回横浜国際音楽コンクールピアノ部門大学の部審査員特別賞

第7回栃木県ピアノコンクールG級金賞(銀賞なし)

第22回ヤングアーチストピアノコンクールピアノ協奏曲部門シニアグループ(18歳以上)銅賞

第25回彩の国・埼玉ピアノコンクールF部門(大学・大学院生及び卒業生、一般)銅賞・イオンリテール賞

第19回PIARAピアノコンクールシニアC部門(年齢制限なし)第1位・浜松市長賞

他受賞多数。ヤマハ指導グレード4級、ピアノ演奏グレード4級取得。

東京でのリサイタル開催、中国レストラン三才坊、銀座Bar Ankh、セレモニーの各ピアニスト(ソロ)を務める他、各種コンクール・オーディション、公演の伴奏を多く務め、ソロ及びアンサンブルピアニストとして活動している。同時に後進の育成に力を注いでおり、これまで延べ未就学児から大人まで40名を超える生徒の指導経験を持つ。(ヤマハ特約楽器店ピアノ科講師経験あり)

ピアノソロを倉沢仁子、伊賀あゆみの各氏に、作曲を土屋雄氏に、室内楽を山洞智氏に、声楽伴奏を野宮淳子氏に師事。Ronan O’Hora、小川典子、Guigla Katsarava、河村尚子、末永匡、Honoré Béjin各氏より指導を受ける。

PTNA演奏会員、クライス音楽事務所所属アーティスト。(→事務所ページはこちら) 現在は東京都、千葉県を中心に活動し、埼玉県、神奈川県、山梨県での活動実績も持つ。

【メディア実績】

2008年 『東武よみうり新聞』 第5回草加市演奏家協会クラシック音楽ジュニアコンクール全部門総合優勝のグランプリ受賞者としてインタビューを受け、紹介される。

2014年 『埼玉新聞』第25回彩の国・埼玉ピアノコンクール受賞者として紹介される。

2015年 『月刊ショパン10月号』第19回PIARAピアノコンクール第1位受賞者としてインタビューを受け、紹介される。

2019年 『月刊ショパン12月号』特集”新・ピアノのシゴトのカタチ”にて、セレモニーピアニストとしての活動について紹介される。

☆以下、伴奏者として登録されているサイトです。伴奏のご依頼は下記サイトもスムーズです☆

ピアノ伴奏者募集広場

PTNA伴奏ピアニスト紹介ページ