オンラインレッスン・動画レッスンを実施して

皆さんこんにちは。自粛モードが続くまま5月に入ってしまいましたね。お変わりなくお過ごしでしょうか?

こうした社会情勢を受け、安全と健康を第一に考慮し、4月からオンラインレッスン・動画レッスンを取り入れ、既に数件お問い合わせを頂戴し、体験レッスンを経てご入会いただきました。ありがとうございます。

今日は、実際にオンラインレッスンと動画レッスンを実施して感じたことを、生徒さん・先生両方の目線で書きたいと思います。レッスンを受けられている全ての生徒さん、レッスンを展開している全ての先生方にも、参考になる記事になれば嬉しいです。

 まず通信をしてリアルタイムで行うオンラインレッスン。Facetime(iOSユーザーのみ)・LINEビデオ通話・Google Duo(共にiOS・Android双方対応)を主に使用します。他のアプリをご希望の場合も、一度ご相談下さい。(^^)

対面レッスンと違い、相手は隣でなく、スマホやタブレットの画面越しにいるという、生徒さんにとっても先生にとっても不思議な感覚と思います。慣れない方も今はまだ多いかもしれません。

しかし、その慣れない環境だからこそ、

より集中し、理解しようとする意識

これが生徒さん・先生双方に芽生えるのではないでしょうか。やはり皆様、画面越しの相手と話すという物珍しさを、今は恐らく多くの方が抱えていることと思います。

近くで相手と接することができないからこそ生まれる、ある意味、従来とは違った新しい形の「コミュニケーション手段」と成り得るかもしれません。これはレッスンに限らず、社会における全てのコミュニケーションにいえることではと私は思います。

 動画レッスンは、毎月のレッスン回数に応じてギガファイル便で動画をやり取りするレッスン方法ですが、お察しの通り、残念ながらこちらはリアルタイムで通信・コミュニケーションができません。

しかしながら、やはり非常に大きなメリットは、

「お互いがレッスン内容を何度でも振り返れること」。

動画を保存できるので、繰り返して観ることができるからこそです。そして当教室の動画レッスンは、動画内で述べたことをメールでも同時にお送りしております。メールも、保存した動画と同じで形跡が残せるので、読み返すことができます。

日常でも、リアルタイムでのコミュニケーションや電話で、会話内容が完全に把握できたか不安という経験、ほとんどの方にあると思います。

これ、大事な打ち合わせだと不安で仕方ないですよね。笑

しかしメールやLINEで確認したら解決できたのではないでしょうか。あれと同じようなものと考えていただけるといいと思います。

そして、動画内でご質問をいくつかまとめて収めて送っていただくこともできます。対面レッスンや通信のレッスンでは、どうしても時間の枠内でその日の課題を終わらせなければいけないので、なかなかご質問いただけないこともあると思います。ですが、動画レッスンでは、動画内にご質問をまとめて収録することが可能ですので、疑問に思っていることが早期に解決しやすいといえます。

ご質問に対しての答えも、より時間をかけて考え、濃い内容のものをお送りできるよう、私も努めております。

あと、これは先生視点ではありますが、より確実に内容を固める時間が作れることも、動画レッスンを展開する全ての先生方にとってプラスになるのではと思います。

 以上、私の主観も多いですが、いかがでしょうか。

様々な考え方があると思います。あくまでも一つの考えとして、頭の片隅に置いていただければと思います。レッスンのページはこちらです。

次回は、演奏関連の記事を書きたいと思います。スケジュールのページに、動画等の配信スケジュールを近々更新しようと思うので、お楽しみに!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

偉大な2人の作曲家の命日

次の記事

5月9日は…?